年は大分離れてますが同じ模様のヤンさんとノンちゃん。2匹を見守るぱるみさんの日常を良かったらちら見してください。
  • 10«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »12
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


発作
2011年05月28日 (土) | 編集 |
子供の頃から猫と暮らしてきたぱるみ

顔の横で寝てくれるヤンさんのおかげで猫アレルギーになってしまい、
毎年春先、猫喘息(朝方、機関銃のような咳が1~2時間続く)に苦しんで来ましたが、
ついに・・・・・正真正銘の喘息持ちになってしまいました。。

これまでは、医者に行っても診てもらう時には既に症状は治まっていて、
薬はもらえないし、あるお医者さんなんて、猫アレルギーなんだから
猫を処分するしかないね!とさらっと言うだけ。

処分だとーーー!!と怒り心頭、毎年症状が出ると、ヤンさんをお風呂に入れたり、
掃除をこまめにしたりでなんとかしのいできましたが、
先日、朝3:30に咳込んで目が覚め、お昼前になっても咳が止まらず、
息が全然吸えなくて、ほんとに窒息死するかも!?と思い
慌てて病院に駆け込みました。

すると、なんでここまで我慢したんだ!!と怒られ、
鼻から酸素吸入&点滴をしながらステロイド?を吸引。
しばらくしてやっと落ち着き、車椅子に乗せられレントゲン撮影。

なんでって、どーせ猫を処分しろ!って言われるだけだと思ったし

喘息は死んじゃう病気だから!とお医者さんに言われ、
呼吸困難時用の緊急スプレー(ドラマなんかでシュコって吸入してるやつ)をいただきました

喘息って子供の頃なる病気のイメージでしたが、40を過ぎて・・・です
でも、緊急時用のスプレーをいただき、これよ!これが欲しかったのっ!!と、
今まではひたすら我慢するしかなかったのが、ちょっと安心かも

今更枕元で寝ないで!って言っても無駄だしねー

0528-1.jpg
0528-2.jpg

ちなみに、ブラッシングするとヤンさんは凄まじいです
あんまりやりすぎると背中剥げちゃうけど・・・

0528-3-1.jpg

夜中目が覚めて電気をつけると枕元ではなく床の座布団の上にいた2匹。
そこで寝てくれれば喘息にならないかもしれないんだけど・・・やっぱりちょっと淋しい

とりあえず、どんなに苦しくても絶対処分なんてしないから安心してね!!

さてさて、ぱるみの苦しみをわかっているのでしょうか?
例によって、お気に入りの非常バッグの上の2匹↓

0528-4.jpg
0528-5.jpg
0528-6.jpg
0528-7.jpg
0528-8.jpg
0528-9.jpg

ちなみにノンちゃん、節制しているにもかかわらず体重4.8kg!!
超ムッチムチのオデブさんです

0528-10h.jpg

ヤンさんは常に2.9~3.1kgなのにね。。

でも、ただのデブ猫じゃなく、甘えん坊でとってもかわいいです
横に置くと、押さえてなくてもそのままずーっと添い寝してくれます

0528-11.jpg
0528-12.jpg

・・・ちょっとふてぶてしくも見えるけど・・・

0528-13.jpg
0528-14.jpg
0528-15.jpg

やっぱりヤンさんが一番美人さんです

0528-16h.jpg


スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
ぜんそく
お大事にね!空気清浄機つけてね!
2011/05/30(月) 16:21:01 | URL | masami #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。